デミオのCVTと買取査定相場

もうすっかりおなじみになっているマツダのデミオですが、以外とその歴史は浅く、マツダの救世主とも呼ばれるほとヒットした初代から、フルモデルチェンジしたのは2回だけです。
初代デミオは「小さくて何でもできる」車でした。

重量が軽く1500ccグレードならそれなりにスピードもでて、コンパクトですのでハンドルさばきも楽、標準装備でルーフレールがついて、さらにフルフラットになる広い荷台と、大変重宝した車でした。

二代目は一言でいえばスタイリッシュなコンパクトカーでした。好評だった車体のフォルムを踏襲し、サンルーフやアクティブマチックなどコンパクトカーながらその一段上を目指していました。

さて、気になる現行の三代目ですが、こちらは高品質路線を後続のベリーサにゆずり(フォルムも?)本来の強みである低燃費を追求しています。
従来よりあったCVTに加え、近年登場したのがSKYACTIVE車です。

これは使ってみるとカタログスペック以上にCVTとの燃費の違いが実感できます。
また、エコドライブに関する情報を知らせる充実した画面がオドメーターと一緒に備わっていて、燃費のよい走行の習得をアシストしてくれます。

ただし、SKYACTIVEデミオの燃費のよさはトルクを犠牲とした部分があります。
同じ1300ccでもCVTの方がやはり力があります。

タコメーターの上がり方をみる限りでは、坂道や高速走行に関してはCVTの方が燃費がいいのではないでしょうか。
加えてSKYACTIVE車はアイドリングストップ機構を搭載している都合上バッテリーが大きいです。

要するにバッテリー交換時の費用が多少かさむということになります。
経済性を一番の着眼点としてデミオの購入する場合、CVTにするかSKYACTIVEにするか、これはガソリン価格といった外的要因にも絡んできて非常に悩ましいところだといえるでしょう。

参考:デミオ買取で相場より高く売る査定のコツ

また古くなって売る場合には、あまり高く買取して貰うことは困難なので、高値買取が必須なら、ディーラーや中古車販売店ではなく、買取専門店に持ち込みましょう。
こちらのサイトが参考になると思います。