デミオのCVTと買取査定相場

もうすっかりおなじみになっているマツダのデミオですが、以外とその歴史は浅く、マツダの救世主とも呼ばれるほとヒットした初代から、フルモデルチェンジしたのは2回だけです。
初代デミオは「小さくて何でもできる」車でした。

重量が軽く1500ccグレードならそれなりにスピードもでて、コンパクトですのでハンドルさばきも楽、標準装備でルーフレールがついて、さらにフルフラットになる広い荷台と、大変重宝した車でした。

二代目は一言でいえばスタイリッシュなコンパクトカーでした。好評だった車体のフォルムを踏襲し、サンルーフやアクティブマチックなどコンパクトカーながらその一段上を目指していました。

さて、気になる現行の三代目ですが、こちらは高品質路線を後続のベリーサにゆずり(フォルムも?)本来の強みである低燃費を追求しています。
従来よりあったCVTに加え、近年登場したのがSKYACTIVE車です。

これは使ってみるとカタログスペック以上にCVTとの燃費の違いが実感できます。
また、エコドライブに関する情報を知らせる充実した画面がオドメーターと一緒に備わっていて、燃費のよい走行の習得をアシストしてくれます。

ただし、SKYACTIVEデミオの燃費のよさはトルクを犠牲とした部分があります。
同じ1300ccでもCVTの方がやはり力があります。

タコメーターの上がり方をみる限りでは、坂道や高速走行に関してはCVTの方が燃費がいいのではないでしょうか。
加えてSKYACTIVE車はアイドリングストップ機構を搭載している都合上バッテリーが大きいです。

要するにバッテリー交換時の費用が多少かさむということになります。
経済性を一番の着眼点としてデミオの購入する場合、CVTにするかSKYACTIVEにするか、これはガソリン価格といった外的要因にも絡んできて非常に悩ましいところだといえるでしょう。

参考:デミオ買取で相場より高く売る査定のコツ

また古くなって売る場合には、あまり高く買取して貰うことは困難なので、高値買取が必須なら、ディーラーや中古車販売店ではなく、買取専門店に持ち込みましょう。
こちらのサイトが参考になると思います。

ステップワゴンの旧型と買取相場

私は、ホンダのステップワゴンに乗っています。
釣りが趣味なので、道具を洗うための水のタンクやクーラーボックス、長靴なども後ろからじゃんじゃん乗せられて、ステップワゴンは非常に重宝しています。

友人と数人で釣り場へ向かうことも多いため、荷物が多くても人数乗れるし、シートをフルフラットにできるので仮眠もとれるし、言うこと無し。
釣り以外でも、アウトドアの趣味がある人にはいいんじゃないでしょうか。

また、最近子供が生まれたのですが、やはりステップワゴンのような広い車はいいですね。
妻の妊娠中も、車内が広いので乗り降りの時の体の折り曲げが最小限で済んだようで良かったと言っていましたし、産後は2列目にチャイルドシートを取り付ければ、赤ちゃんの横に妻が座って、さらに妻の横にバッグをおく余裕があります。
慣れれば車内でのおむつ替え(もちろん停車中)もできるので、わざわざ多目的トイレを探しに車を降りなくても済むと妻に喜ばれました。

今はまだ子供は歩けませんが、今後ちょろちょろ動き出したら、駐車するときバックモニターがフルに活躍してくれるんじゃないかと思います。
今までのモデルはちょっとずんぐりむっくりなイメージもあったのですが、新しい最近のモデルは正面から見てもスッとカッコいいデザインなので気に入っています。

参考:ステップワゴン買取

ただ新しいモデルが出ると、旧型ステップワゴン買取の相場価格が落ちるので、その点は注意点ですね。
なるべく高く売りたいなら、こちらのサイトが参考になると思います。

ノアのオートスライドドアと買取相場

毎年、年に二回ほど実家に帰省する我が家では、子供が生まれたのを期にノアを購入しました。
帰省時にはとにかく大荷物。
休暇をフルに使うので、子供のおむつから着替え、夏にはビニールプールを畳んだものや、大きな組み立て式のおもちゃまで。
そこにお土産を何箱も。
夫婦の荷物を最小限に抑えても、気がつけば荷物はいっぱい。

車を買い替えようと、決めたのがノアでした。
以前乗っていた車が、割と高値で買取して貰えたのも、買い換えを決意した理由のひとつです。

参考サイト:ノア買取

いままで困っていた荷物の置き場もノアに買い換えてからはスッキリしました。
一番後ろのシートを使わない時は倒して物が置けるのでとても便利。

中も広いので、真ん中のシートもゆったりでき、長旅で疲れがちな子供たちも足をゆったり伸ばして乗っています。

オートスライドドアも便利で、子供を抱っこしながらドアを閉めなければならないときや雨のときなどはとても重宝しています。
音や振動もさほど大きくないので眠ってしまった子供も起こさずにすんでいてありがたいです。

これまで軽自動車に乗っていたことが多く、ミニバンなどの大きめの車に乗ったことがなかったので運転にも不安があったのですが、運転席からは前や後ろが見やすく、バックカメラも付いているので気になっていた車庫入れも悠々出来ています。
運転席の上にあるミラーで子供の様子が見られるのも嬉しいです。
これからノアとは長い付き合いになりますが、快適な運転が続けられそうです。

ノアと家族と買取相場

ノアは家族の為の車です。
我が家の愛車は、家族5人の想い出が一杯詰まっています。
この車で初めてカーナビを経験しましたし、ECTも利用するようになりました。
毎年、子ども達が小さい時から夏休みにキャンプに行くのを恒例としていましたのですが、荷物が沢山積めて大助かりでした。

そして遠出をしてもカーナビとECTのお陰で、運転手もらくちんです。
今でこそ、当たり前の装備ですが、ノアを購入した当時はまだまだ珍しい装備でした。

また排気量が小さいので税金面でも優遇されています。
経済的にも優しい車ですよね。
もう10年になろうとしている愛車です。

今の最新式のノアはどれほど進化しているのでしょうか。
家族の為の車であり、今後も販売を続けて欲しいと思います。

この車を購入した当初は、妻の両親と家族5人での利用を想定したのですが、今は子ども達も大きくなり、妻の両親も亡くなり、夫婦二人で利用する事が多くなりました。

とは言え、子ども達の下宿先に大きな荷物を搬送したりするなど、運搬用に利用する機会もまだまだあります。

やっぱり、家族の為の車ですね。
次に車を乗り換える時は、どうでしょうか。

車というのは、その時々のライフスタイルと共に変遷していきます。
私は若い頃、独身時代、馬力優先、ツードアタイプのスポーティな車が大好きで、何度も乗り換えました。

家族を持ち、ボックスカーとしては2台目にノアに巡り会いました。
これほど長く乗っている車はありません。

でも、子ども達が家を離れ自立していくのがもうすぐです。
その時は、お別れかも知れません。
よく、働いてくれた愛車に今から感謝の気持でいっぱいですね。

プリウスのワゴンタイプと中古車相場

初代が発売されてから既に何年も経っていますが、モデルチェンジの度に完成度を高めて来ています。
初代プリウスは販売台数もそれほど多くは無く、街で走っているところを見ると結構珍しいなくらいに思っていました。

それが今は走っている車、目に付く車のほとんどと言うのは大げさですがかなりの台数が走っています。

私はゴルフをするのですが、ゴルフ場の駐車場でもかなりの割合でプリウスが駐まっているのを見ます。
ワゴンタイプのものが発売されてからはそれに拍車がかかったように思えます。

ハッチバックセダンではリアのシートを倒してゴルフバッグ3本と人が3人乗るのがやっとだと私の友人が言っていましたが、ワゴンタイプだと荷室にゴルフバッグが4本きちんと収まるようです。

人も4人乗れて、プリウスはまさにゴルフにピッタリのイメージだと言えるのではないでしょうか。
ゴルフ場はたいてい家から遠く離れた田舎にありますが、高速道路に乗りワインディングロードを走るというオールマイティな走りが重視されますし当然のことながら燃費が良いことも重要です。

また、急な坂道にも良く出くわしますが、電気モーターがアシストしてくれるのでとても心強いのではないかと思います。
価格も思ったほど高くないので売れるのも必然なのでしょう。

参考:プリウス中古

中古車買取でもプリウスは人気なので、所有者としては高値で下取りしてくれるので、そういった面も安心ですね。

ヴォクシー特別仕様車と中古車相場表

ヴォクシー特別仕様車「煌き」を購入して7年目になります。
7年経った今でも、外観を見てほれぼれすることがたまにあるくらい大好きな車です。
主人と婚約していた時、

①将来子供が増えてもいいようにミニバンを。
②両家の家族や親戚も乗れるくらい広い車を。
③なおかつ、外観がかっこ良くて飽きがこない車を購入したい。
という3点を念頭に置いて車選びをしました。

色々なディーラーを回り、見積もりをとったり試乗したりして最終的に「ヴォクシー」に決めました。
そして丁度その時「煌き」という特別仕様車も出ており、その中でも特にかっこよかった「煌き」を購入しました。

参考:ヴォクシー中古

ヴォクシーの外観は、真っ黒の中でライトが煌いており、とってもかっこいいんです!
乗り心地も良く、室内も広くて7人乗れるので、両親を連れて色々な所へ旅行へ行くこともできました。

またナビが搭載されていたのでナビでルートを検索しながら、旅行雑誌を片手に名所旧跡を訪ねたりすることが多くなり大型連休を家族で過ごす機会が増えたように思います。
子供が産まれてからも全然安心で、室内が広いし、両側スライドドアで乗り降りもしやすく新生児の子供をチャイルドシートに乗せやすかったので楽でした。

子供たちが大きくなってからも、ジュニアシートが楽々載せれました。
至れり尽くせりの「ヴォクシー」、子供から大人まで安心快適、しかもかっこよく乗れる車ですね。
もうしばらくこの車に乗って色々な所へ行きたいです。